屋根の実戦データ

  • 執筆者略歴
  • 沼太英雄士(沼田 弘)
  • 1961年 岩手県遠野市生れ
  • 早稲田大学 教育学部 理学科
    生物学専修卒業
  • 2級建築士
  • 2010年現在
    (有)沼田製瓦工場 代表取締役

実戦!屋根の知識(屋根材に求められる性能)

屋根材に求められる性能を列記します。説明を要すると思われる項目のみ解説を入れました。

  • ・防水性
  • ・耐火性
  • ・耐寒性〜凍結融解(いわゆる凍害)に対する安全性
  • ・断熱性
  • ・遮音性
  • ・耐風性
  • ・耐震性
  • ・耐久性
  • ・通気性〜屋根材と下葺き材の間に流動性がある空気層が確保できるか
  • ・施工性〜工事しやすいか、部分取替えが容易か
  • ・市場性〜いつでも、将来的にも入手しやすい屋根材か
  • ・経済性〜新築時の価格だけでなく、将来廃材となる時の解体・処分費まで考慮する
  • ・美観性

 ざっと拾っただけでこれだけの項目があります。近年は頻発する地震の影響で、瓦など重い屋根材を敬遠する意見が聞かれますが、「耐震性」はこれだけある性能項目の中の1項目に過ぎません。「耐震性」の優れた屋根材=軽い屋根材は、一方で「耐風性」が劣ります。すべての項目が満点と言える屋根材は残念ながら存在しません。大切なのは、屋根材の長所と短所をきちんと認識し、長所を生かし、短所をカバーする設計を行うことです。
 粘土瓦であれば、基礎と構造体を強固に設計することで「耐震性」の問題はクリア出来ますし、他でも述べました通り、このことで住宅価値ははるかに向上します。屋根を瓦にしたいから構造を強固にするのではなく、「高価値の住宅を設計したから結果的に屋根も瓦に出来る」と考えてみてはいかがでしょうか。
 また、軽い屋根材の代表である金属系の薄物屋根材は、断熱性、遮音性に著しく劣りますが、これらの欠点は屋根に厚めの断熱材を入れたり、通気層を確保することで解決できます。

このページの上へ▲